PAGE TOP

BLOG

2019.10.13

BLOG

No.010/【なんでもかんでもお金がかかる美容室開業のリスク】フリーランス美容師のための美容室『シェアサロン南船場』

お金のかかる美容室の開業

美容室開業には、とにかくお金がかかります。

初期投資額がトンデモナイ金額になります。

 

一般的に、美容室を開業するためには運転資金も含め、ざっと1000万円ほどの資金が必要と言われても驚きません。大きな金額ですね・・・。

 

手元にこれだけのお金が用意できれば良いのですが、なかなかそうはいかないはず。

 

多くの人が銀行などから融資を受けて開業の資金を調達します。要するに借金するわけです。融資で得たお金はローンを組んで返済していかなければなりません。(この返済のお金は経費には入りません)

 

日本政策金融公庫で600万円の借り入れをした場合で、7年で返済するとします(設備資金の場合は最長返済期間は10年)。元金だけでも約¥71,500を84回返済しなければいけません。

 

この資金、回収するのにはかなりの時間を要すると言われています。美容室の開業は初期投資が大きく、その回収に時間がかかる業種だということを強く認識しておかなければなりません。

 

融資金を返済しながら、ひとり経営でない場合はスタッフにも賃金を支払い、備品の管理や買い足しなどもマメにおこない、集客にもお金をかけ・・・と考えると、気が遠くなりそうです。

 

 

現実は厳しい美容業界

美容室を1年目で黒字にすることを目指すのですが、多くの美容室は1年目の数ヶ月は赤字を経験することでしょう。

 

一緒に働いたことのあるアシスタントや、お客様のついているスタイリストが近くにおり、黒字続きだとすれば運が良いという事です。

 

経営が難しく、開業からさほど年月が経っていないにも関わらず閉業に追い込まれる美容室が後を絶ちません。

 

収支のバランスを上手く取る事ができず、2年経っても3年経っても赤字経営が続き自転車操業的になってしまうという事態に陥ってしまうためと言われています。

 

つまり、美容室を開業するという事は、資金面で大きなリスクを抱える事になるのです。

 

大きな夢をもって開業しても、現実は厳しいというのがこの世界です。

 

借金をしなくても、独立事業主としての仕事場を確保

店舗としてやっていくにはあまりにも厳しい現実。

 

開業までにお金を使い果たしてしまってはその先に店舗経営していくためのお金が足りなくなりますが、それでも開業前には何かと物入りになります。

 

意外と費用がかかるのが集客、宣伝費用です。大手の美容室ポータルサイトに掲載するだけで、月に50万円以上かかってしまうという事もザラにあります。

 

しかし大手のポータルサイトに掲載しなければ他店舗に埋もれて集客ができないというジレンマに悩まされる事になります。

 

これだけのリスクを考えて、それを背負ってまで店舗を開業させたいと思う美容師がどれほどいるでしょうか。

 

時代は常に新しくなります。

 

自分の店舗を持つのではなく、シェアサロン南船場の空間の一部を自分の空間として自由に使う。

 

この方法により莫大な資金が無くても、借金をしなくても、独立事業主としての仕事場を確保する事ができるようになりました。

 

ハイリスクでハイリターンが期待できない美容室開業よりも、手軽に安心して始められるシェアサロン南船場で、ご自身の腕に磨きをかけてお客様をどんどん増やしてみませんか?

 

 


LINE@のご登録

LINE@にご登録いただくと、ご相談や空きスケジュールのご確認などが簡単に行っていただけます。是非、ご登録ください。

 

友だち追加